プロミスにも関わる総量規制とは?

総量規制は法律であり消費者金融を含む貸金業者は、これに違反してお金を貸し出すことは一切できなくなっています。そのため貸金業者はこの法律を守ってお金を貸さなければならず、違反した場合は営業に関わる罰則の対象となります。総量規制が適用されるのは前述の通り、

 

 

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジットカード会社

と貸金業者と呼ばれている会社であり、銀行カードローンは銀行法で規制される為対象になっていません。この法律の対象となっている会社は、

 

 

貸し出せる金額は貸金業者からの貸し出しの総計が消費者の年収の3分の1以下に抑える必要があり、更に残高については定期的に確認をすることが条件となります。


また50万円を超える利用限度額になったり、多重債務で100万円以上の借り入れをするような状態になりそうなら、収入証明書を見て収入を確認する義務が追加されます。こうした規制をして、ようやくお金を貸せるようになるので、消費者金融は結構縛られていることが分かります。

 

しかしこの総量規制には抜け道が少しだけ存在し、顧客側がかなり有利になる借り換えやおまとめローンについては対象になっていません。こうした借入は利用する側が圧倒的に有利となるため、総量規制の対象から外して貸しても問題はありません。

 

 

これが総量規制の例外です。


また個人事業主として仕事をしている方に貸しだす場合、事業用の利用であれば総量規制の対象からは外れています。しかし事業用として借りる場合、専用のローンを利用することになるので、多くの消費者金融では利用できないのです。

 

また医療費を緊急で作らなければならない状態であれば、消費者金融は総量規制の例外として大金を貸しても大丈夫となっています。あまり利用されないことかもしれませんが、緊急でお金が必要な状態で、なお且つ医療目的であることが分かれば、総量規制の対象外として貸し出しが認められています。

 

一部例外ことありますが、個人的に利用する場合は制限が加えられることを理解して、申込みをしてください。総量規制は銀行カードローンは対象になっていないので、単純に利用限度額を高くしたいなら、消費者金融ではなく銀行カードローンを考えることになります。