銀行カードローンでは振込融資を利用できないところがたくさんありますが、プロミスでの借り方は即日融資の場合でも、

 

  • 振込融資
  • カードでのキャッシング

が利用できます。すぐ借り入れる最短即日融資の場合は、更に他社を圧倒するサービスがプロミスにはあります。

最短即日融資のプロミスの振込融資の借り方

 

振込融資は銀行の得意とするところじゃないの?


と、勘違いしている方が多いようですが、銀行カードローンは振込融資が苦手です。振込融資のサービスすらないところもあります。

メガバンクカードローンの振込融資状況
振込融資可能口座 即日振込
三菱UFJ銀行カードローン 三菱UFJ銀行の本人名義口座へのみ 不可
三井住友銀行カードローン 三井住友銀行の本人名義インターネットバンキング口座へのみ 不可
みずほ銀行カードローン なし 不可

このようにメガバンクですら振込融資は苦手としているのです。振込融資が得意なのは大手消費者金融ですが、中でもプロミスは群を抜いており、即日振込にもそれは発揮されています。

 

その振込サービスが瞬フリです。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

どちらかの口座であれば、プロミスの会員サイトに登録する事で24時間365日最短10秒で振込融資が可能なサービスが瞬フリです。


ですので以上の銀行口座を持っているのであれば、カードローン業界最強の振込サービスになります。土日祝日でも、平日の振込可能時間を過ぎても最短即日振込が可能になるサービスは他にはありません。

三井住友銀行やジャパンネット銀行以外への振込融資の場合は?

瞬フリ可能口座以外での振り込み融資はどうなのか。平日以外の振込融資はどのカードローンでも即日振込は不可能となりますが、平日で長い時間振込融資が可能になるのは大手消費者金融です。プロミスもその中の一つですが、この振込融資は大手消費者金融は横並びになっています。

大手消費者金融の振込融資の状況
プロミス 即日振込は平日14:00までに契約を完了すれば可能
アコム 即日振込は平日14:00までに契約を完了すれば可能
SMBCモビット 即日振込は平日14:50までに契約後振込手続きを完了すれば可能※

※曜日・時間により不可能な場合があります。

SMBCモビットは平日14:50までと長くなっていますが、振込手続きがこの時間までです。プロミスやアコムでも振込手続きは平日14:50まで可能です。以上の内容からしてもプロミスが振込融資には有利ですよね。

振込融資に有利な大手消費者金融ですがなかでもプロミス

  1. プロミス SMBCコンシューマーファイナンス

    プロミスレディース
    実質年率 年4.5%~17.8% 借入限度額 最高500万円

    編集部調べでは最も多彩な借り方ができるプロミス
    プロミスの借り方は実に多種多彩です。まず申込日当日の振込融資は、平日14:00までに契約を完了すれば可能になります。またプロミスの場合には、三井住友銀行若しくはジャパンネット銀行いずれかの口座であれば、会員サイトで口座登録すると24時間365日最短10秒で振込可能な瞬フリがあることも他社を一歩リードするところです。
    自動契約機でのカード発行による即日融資も、店舗数が業界最多なのであなたの近くにある可能性が高くなっています。(申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
    女性オペレーターが必ず対応してくれるレディースキャッシングもあるので女性には選択肢も広がるカードローンになります。

プロミスの様々な借り方

プロミスのコンビニでの借り方

プロミスには自社ATMと三井住友銀行ATMは手数料無料で利用することができます。コンビニの提携ATMは、

 

  • イーネット
  • ローソンATM
  • セブン銀行ATM

の全てのコンビニATMを利用できます。ATM手数料は借入・返済ともに、1万円以下は108円で、1万円超は216円になっています。

プロミスでの学生の借り方

プロミスは学生でも申込める便利なカードローンです。ただし条件があり、

 

  • 年齢が20歳以上
  • アルバイト等で安定収入があること

以上の二点です。大手消費者金融ではこの条件は変わりません。銀行カードローンの場合は学生申込不可のカードローンが多くなっています。

プロミスで借りる際に必要な物

 

プロミスに申込む際に必要なものは基本運転免許証だけでOKです。


運転免許証がない場合はパスポートや健康保険証(写真がないので住民票などのプラス1点の書類が必要となります)などが必要です。借入希望楽が50万円を超える場合は収入証明書るが必要になってきます。

プロミスで借りる際の2回目の借り方

プロミスには初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可能)がありますので、初回の借入の際には必要手続きをして利用しておきましょう。

 

2回目からももちろん瞬フリも利用できますし、カードもありますので借入限度額までは最寄のATMや提携ATMでもすぐ借りることができます。


プロミスで借りる際に時間を気にする必要がある?

瞬フリを利用する場合は時間を気にする必要はありませんが、他の口座に振込融資をする場合は平日14:50までに振込手続きをしなければなりません。またATMを利用する際も、

 

ATM・提携ATMの営業時間をしっかりチェックしておき、営業時間内で利用しましょう。


プロミスでのアルバイトでの借り方は?審査・在籍確認は?

消費者金融や銀行カードローンの融資審査では、必ず在籍確認が行われるのが原則となっているので、例え勤務形態がアルバイトであっても申込者の勤務先に仮審査の終了時点で一度は連絡が入ります。

また、この在籍確認は本当に利用者が指定された勤務先で稼ぎを得ているのか確かめる意味合いも含む重要な審査の過程であり、

 

この結果いかんによっては審査落ちする事も有り得ますし、状況によっては融資実行が保留になり、更に詳しい調査が入る場合もあります。


ですので、スムーズに融資を実行して貰いたいなら、勤務先に事実を話して一言在籍確認の電話が入る旨を伝えておくのがベストです。ただ、もしアルバイトの職種がデスクワークの場合は身近に電話がある環境が多いので、自分で応対できる可能性もなくはないです。

一方で接客業等に就いていると、電話に自ら出るというのはなかなか困難な状況なので、やはり店長か身近なスタッフに事実を伝えておくのが良いでしょう。ただ最近は殆どの借入業者・金融機関が、利用者のプライバシーを最大限に考慮して、在籍確認の際は敢えて会社名は伏せて個人名で掛けるように努めています。

 

また確認内容も本当に勤務先に在籍しているか?


だけを確かめる主旨が殆どなので、対話時間も1分と掛からないケースが多いです。それでも、どうしてもカードローン契約の事実が周囲に明るみにしたくないなら、借入先の消費者金融や銀行に事前に相談して、時間を指定して電話を掛けて貰うのも1つの手です。

特に本日中の融資を希望している人は、カードローンの利用が予定通りスタートできるように指定の時間まで手続きを完了しておく必要があるので、なるべく早めに在籍確認への対応策は考えておいたほうが無難です。

プロミスの返し方は?

プロミスの返済方法は多彩です。

 

  • インターネット返済
  • 口フリ
  • 店頭返済
  • 自社ATM
  • 提携ATM

以上の様々な方法で返済が可能です。

プロミスで返済が遅れた場合の遅延損害金について

プロミスで融資を受けた分については当然ながら返済義務が発生します。これはそもそもがそういう契約でお金を融資してもらうためであり、返済しなくても良いお金ということであれば融資とは言いませんね。

もちろんほとんどの人がプロミスから借りたお金を返済して良好な関係であると思います。しかし、中には返済が滞ってしまうといったケースも少なからずあるようです。

 

プロミスではこうしたケースに対しては「遅延損害金」と併せて支払ってもらうように呼びかけています。


遅延損害金とは、その名の通り返済が遅れてしまった場合に発生する損害に対してのいわば「ペナルティ」のことです。もっとも、遅延損害金という考え方はプロミスに限ったことではなく、プロミス以外の消費者金融業者はもちろんのこと、クレジットカードなどでも支払いが滞った場合にこうした遅延損害金が発生します。

 

プロミスでは遅延損害金を20%と設定しており、もし返済に滞納があった場合に借り入れたお金の残高と計算して請求されることになります。


遅延損害金はプロミスが独自に設定しているというわけではなく、法律で定められているものなので必ず支払う必要があります。

たとえば100万円をプロミスで実質年率17.8%で借入を受けた場合には一日あたりおよそ500円の利息が発生しますが、それに加えて20%の遅延損害金を加算した金額を支払わなければなりません。もっとも、プロミスの場合では1日程度の返済の遅れであればいきなり遅延損害金を適用するといったことはないようです。

たとえば自然災害などで予定していた日に返済ができなかったりすることもあるかもしれませんし、体調を崩して外出ができずATMまで行けなかったり、といったケースもありますよね。

 

そういった場合にはプロミスに事情を説明すればある程度ならプロミスも察してもらえることもあります。


返済ができないケースとしてもこうしたやむをえない状況というものがある以上はプロミスもいきなり遅延損害金を適用することはしないというわけです。しかしプロミスはおまとめローンとして利用することも可能ですし、ここだけではお伝えできないメリットがプロミスには多数あります。

プロミスの審査の際の在籍確認についても斬新な借り方がある

カードローンに申込む際には、必ず在籍会社への電話による確認があります。これは嫌なものですよね。しかしプロミスでは、

 

会社への電話以外の方法で確認する相談が可能です。


在籍確認は、消費者金融一覧業者の審査において最も神経を使うことのひとつではないでしょうか。特に自動契約機で審査を受けている間に在籍確認の電話をされている時というのは決して気持ちの良いものではないでしょう。

なにしろ自分の知らない間に消費者金融業者の担当者が職場に電話連絡を入れて、

 

「○○さん(申込者)はいますか?」


という問い合わせをしているわけですから、いくら短時間で済む確認事項だからといってもできれば回避したいと考えるのが自然です。とはいえ、こうした在籍確認は消費者金融が融資を行う上で外すことができない審査項目です。在籍確認を消費者金融の無担保ローンが行う理由は、

 

ひとつはその人の返済能力を確認するという目的もありますが、もうひとつは詐欺を防ぐためでもあります。


お金を借りたいがために、働いてもいない職場を申告するといったケースも少なからずありますので、こうしたケースを防ぐために、在籍確認が行われています。

ただし、この在籍確認とはあくまでも申し込んできた人がその職場で働いているかどうかを確認するためのものですので、必ずしも電話連絡でなければならないという訳ではありません。

電話連絡を採用している業者が多いのは、その方法が最も簡単にできるためであり、プロミスのように在籍確認の方法として電話連絡以外の選択ができるところはほとんどありません

 

しかしプロミスなら会社への電話による在籍確認以外の方法を相談することも可能です。


電話連絡を別の手段に相談するということで、、「在籍確認」そのものを省略することはできませんが、もしも職場への電話連絡を避けたいということであればプロミスならある程度は対応してもらえる可能性があります。

もちろん電話連絡を避けたいということを事前に伝えておかなければ、そのままだと電話連絡をされてしまいますので、在籍確認の際には必ずその旨を申し込む際に相談しておきましょう。

プロミスの在籍確認に関するほ率などは:個人情報保護委員会プロミス在籍確認プロミスの在籍確認のタイミングプロミス在籍確認

フリーキャッシングだけじゃないプロミスの目的ローンの借り方

プロミスといえば、多くの人がその使用目的が特に限定されていないフリーキャッシングをイメージするかもしれませんが、もちろんプロミスの商品はそれだけではありません。確かにフリーキャッシングが最も有名でプロミスの代表的な商品ともいえるのですが、それ以外にもプロミスでは様々な商品が展開されているのがプロミスの会員サイトにログインすると分かります。

 

そのひとつが「目的ローン」です。


これは、たとえば結婚資金などのように決められた目的に沿った利用をする場合に借りることができるものであり、フリーキャッシングとの違いは「目的が限定されている」という点にあります。

また、フリーキャッシングでは最大で500万円まで借りることができたのに対し、プロミスの目的ローンでは最大で300万円までの融資可能額となっています。これは融資を受けた金額を使う目的が限定されているため、それほど多くの金額は必要ないとの考えもありますが、同時にその後の返済を楽にしたいというニーズに対応した結果ともいえます。

さらに、目的ローンでは適用される金利について実質年率6.3%~16.5%となっており、フリーキャッシングに比べると低い金利で利用できるという特徴があります。

 

こうした点からもその後の返済の負担が軽い商品であるといえるでしょう。


申し込みにおいてはフリーキャッシングと同様に運転免許証などの身分証明書が必要で、50万円を超える融資の場合は収入証明が必要であるという点も同じです。ただし、返済方法としては口座振替による返済方法のみとなっていますので、フリーキャッシングのように専用ATMや銀行などの提携ATMを利用した返済ができないという点については注意が必要です。

なお、返済が滞納した場合には20%の遅延損害金が発生するという点についてはフリーキャッシングと同様です。プロミスのフリーキャッシングとは同じ点と異なる点とがありますが、もしはっきりとした使う目的があるのであれば、こうした目的ローンを利用するのも良いかもしれません。

プロミスの借り方の口コミ・体験談

急な有人の結婚式にも役立つプロミス

 

ある日、友人から来月結婚すると報告がありました。その友人にはすごく世話になっていたのでご祝儀を準備しなくてはなりませんでした。貯蓄はあったのですが、定期預金だった為、無利息で貸してもらえるところを探す事にしました。(そんなところあるのか???)

よくCMや広告で初回30日無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で利用可)という言葉を目にしていたので早速、パソコンで検索しました。初回30日無利息サービスというのは、とくに消費者金融系のカードローンに多く、消費者金融=サラ金のイメージがありましたので慎重に選ぶ事にしました。

そこで消費者金融の中でも評判がよく最大手のプロミスに決めました。サラリーマンの私の勤務先はオフィス街にあり自動契約機も付近にはあったのですが、抵抗があったので自宅のパソコンからWEBで申込む事にしました。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で30日間分が無利息なのでそのようにしました。


バブルの頃のイメージと違う雰囲気のプロミス

 

昔の消費者金融一覧=サラ金というイメージはこの時点で潜在的なイメージは打ち消され普通にDVDのレンタルカードを申込む感覚になっている自分がいました。消費者金融のカードローンを上手く使えば、審査に時間がかかる事もなく余計なストレスも感じないですみます。すぐに審査の通った私は披露宴の前日にお金を借りてそのお金をご祝儀に充てました。

後日、給料日にお金を全額、返済しました。その返済日は借りた日から数えて30日以内だったので利息は全く掛かりませんでした。(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日無利息サービスを利用したため)

得した気分にもなった私がふと思った事はもし自分みたいな人間ばかりが利用する事になると貸手側は事業として成立するのか少し疑問です。世の中うまくなっていると、このような時につい思ってしまいますね。自分のような利用をする人間は100%少ないからです。

まず、自分と他人が同じ状況の人がいても、そこで選択肢はいくつも存在するわけですから疑問におもう事のほうがおかしいですよね。早速、この事を他の友人に話すと「金あるんやったら、別に借りる事ないやんけ!」と一蹴りされました。後日、自分を一蹴りした友人がプロミスのATMに入って行くのを見かけたので出てくるまで待っていました。出てきたところに声をかけると不意に私とあった事に驚いたのがまずい所をみられたという表情をしていました。

理由を聞くとかなり借り入れているらしく利息だけを返済している状態のようで私のような利用をしている人間が少し腹立たしかったのでしょう。本当、利用の際は返済計画を立ててから申込むようにしたほうがいいと思います。


プロミスはおまとめローンの場合借り方が違う

 

家の実家はスナックをやっていましたが客足が落ち込み経営が行き詰まり店をたたみました。その時にお店の賃料はなんとか払えていましたが、カラオケを置いていたのでその使用料や著作権料の支払いが滞納してしまっていました。

本来ならば支払いをしなければいけないのが当たり前ですが家のスナックはトータルで30年近く営業していて業者さん的にもお世話になりましたという思いがあったようで、滞納していた分のお金は立て替えておくので支払いはしなくて大丈夫ですよ。と言ってもらえたそうです。

少し前まではプロミスおまとめローンも考えていたようですが返済のあてもない上に借りれるかどうかもわからない状態だったので親は本当にありがたいと話をしていました。

これで完全にお店を閉めることが出来たなぁと感慨深げでしたが、ある日家の郵便受けにお店の住所宛から家の方に転送された封筒がどっさりと入っていました。見たらガスと水道と電話代の催促状でした。

私は他に滞納していた物があるのを知らなかったのでビックリしましたが本来はこの対応が当たり前だよなと思いました。諸々のお金をキチンと納めてお店に関した滞納はゼロになりました。